« Amazon Hacks 予約開始 | トップページ | デュラララ!! »

サイト作成ツールとしてPukiWikiを使う

作家・ライターのウェブログリンク集が順調に増えていてにんまりしています。私の知らない分野の作家・ライターのウェブログを知って、うれしい限り。ウヰキ神さまありがとうございます。

先日独自ドメインをとって、そこでもPukiWikiを使ってサイトを作り始めています。Wikiの記法は普通にページを作るのには十分かつ簡易ですし、PukiWikiは豊富なプラグインがあるので、Wikiとしてではなくサイト作成ツールにも使えます。

でも、このままだとWikiの特性である「誰にでも書き換えられるコラボレーションツール」であり続けるので、編集に認証をかけることにしました。

Wikiじゃなくなったんだけど、割り切るしかないだろうなあ。

|

« Amazon Hacks 予約開始 | トップページ | デュラララ!! »

コメント

wikiは自由度が高い故に、余程、公共性が高く、目的がはっきりとしているテーマでないと「誰でも更新できる」という良い面より「誰でも更新できてしまう」の悪い面の方が目に付いてしまいますね。

それを管理人の腕で何とかするというのもありですが、大きくなってくるとなかなか難しいように感じています。

私はオープンなものもいくつか持っていますが、それよりも活発に使っているものは、認証掛けて、仲間内だけで更新できるものですね。

何より目的がはっきりしていること、そして、仲間内だけであるという安心感から、複数人での更新が有効に働いています。この辺り、ソーシャルネットワークとの親和性の方が高いのかも知れないとも考えています。

投稿: Tiger | 2004.04.11 20:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517/421804

この記事へのトラックバック一覧です: サイト作成ツールとしてPukiWikiを使う:

« Amazon Hacks 予約開始 | トップページ | デュラララ!! »