« Flashを使ってWebサイト作成「NOTA」 | トップページ | wema配布開始 »

見出しの著作物性

裁判所の知的財産権判決速報に、読売新聞がデジタルアライアンスに対して起こした裁判の判決文が掲載されました。ニュースとして以前にも書きました。

これを見ると、記事見出しが思想又は感情を創作的に表現したものであつて、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの(著作権法第2条の1)にあたるかどうかについて、具体的に事細かに判断しています。かなり厳しい。

ちなみに、著作権法第10条の2において事実の伝達にすぎない雑報及び時事の報道は、前項第1号に掲げる著作物に該当しない。というものがあります。過去の判例からいえば訃報第一報のような「誰が書いても同じようになる記事」以外の新聞記事に著作物性を認めることになっています。

しかし、無償公開したから自由に商売に利用してもかまわないというのは、感情に引っかかるものがあります。うまくいえないけど、そういうものじゃないだろ、と思ってしまいます。

via 電子出版の街角

|

« Flashを使ってWebサイト作成「NOTA」 | トップページ | wema配布開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見出しの著作物性:

« Flashを使ってWebサイト作成「NOTA」 | トップページ | wema配布開始 »