« 「ブログ\BLOG」の商標は拒絶されました | トップページ | Amazon Search β3 を導入しました »

著作権が切れた著作物の電子データを「著作権保護」

これ自体は大変すばらしい事業なのですが、この貴重資料って全て著者の死後50年以上たって著作権が切れているものなのに、ΣBook採用の理由が著作権保護機構であるらしいのが気にかかる。

via IRC log: #もの書き 20040422

CD-ROMやWebサイトでの公開は著作権に課題がある上、改ざんなどの問題も出てくる。
[sf] って著作権の切れている作品を囲い込んで利用できないようにしているだけやん
これまで活用が制限されていた貴重資料について、学内における学術利用の促進だけにとどまらず、学外に対してのコンテンツ利用促進など、新しい活用モデルの構築に向けた検討を行っていく予定です。
[sf] つまり所有権を利用して著作権の切れた作品をも金儲けに使いたいですという正直な御意見

sfさん、辛らつすぎ。

著作権が切れていない貴重資料の電子データ化にも道を開くものだと思いたい。そうであってほしい。

|

« 「ブログ\BLOG」の商標は拒絶されました | トップページ | Amazon Search β3 を導入しました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517/478985

この記事へのトラックバック一覧です: 著作権が切れた著作物の電子データを「著作権保護」:

» 著作権が切れている著作物の電子化 [Copy & Copyright Diary@JUGEM]
ITmediaニュース:ΣBookで図書館の貴重資料を一般活用 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0404/22/... [続きを読む]

受信: 2004.04.22 23:35

« 「ブログ\BLOG」の商標は拒絶されました | トップページ | Amazon Search β3 を導入しました »