« コミュニケーションに課金するビジネスモデル | トップページ | 嫌なTrackBackの基準 »

何のためのTrackBack

トラックバックの話題は尽きそうにありません。
「お返しTrackBack」や発展性に欠ける記事からのトラックバックは、きっと送信者から受信者への連絡方法のひとつとしてトラックバックを利用しているのでしょう。
なぜだかわからないけれど、トラックバックを送信するというのは、感謝のメールを出すことよりも、記事にコメントを残すことよりもずっと敷居が低い気がします。これはトラックバックを使い慣れていないので、どのくらいの感覚で使えばいいのかがわかっていないからかもしれません。

|

« コミュニケーションに課金するビジネスモデル | トップページ | 嫌なTrackBackの基準 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517/168836

この記事へのトラックバック一覧です: 何のためのTrackBack:

» トラックバックについて本気出して考えてみた [ビスケットハンマー]
blogなるものを始めて少し経って、 おかげで、なんとかblogという物の概念がわかってきました。 簡単に言えば新聞のコラムと一緒ですな。 新聞のコラムに... [続きを読む]

受信: 2004.02.05 17:13

» 嫌なTrackBackの基準 [StarChartLog @cocolog]
前の記事は傍観者みたいな内容ですが、私も「お返しTrackBack」を受け取ったことがあります。でも、私は「別にトラックバック返ししなくてもいいのに」とは思った... [続きを読む]

受信: 2004.02.05 22:38

« コミュニケーションに課金するビジネスモデル | トップページ | 嫌なTrackBackの基準 »