« 一度書いた記事を書き直すか否か | トップページ | blog search »

ウェブログの書籍化は増えるか?

ARTIFACT -人工事実-で、バグダッド市民のウェブログWhere is Raed ?が書籍化し翻訳出版されているのを知りました。
ただで読めるウェブログが有料の書籍になったわけですが、二十一世紀の「アンネの日記」という一般の人が手に取りやすいキャッチがついている『サラーム・パックス』は例外で、そうでないウェブログの書籍化は難しいのでしょうか。
有名人の日記の書籍化は何度もありますし、森博嗣のウェブ日記書籍化は何冊にも及んでいます。有名人だとか、そうでなくても目に留まりやすいキャッチフレーズがつけられるウェブログの書籍化が増えてくる可能性があります。
もちろん、リンクと引用が主体のウェブログだと、書籍化は難しすぎると思います。

|

« 一度書いた記事を書き直すか否か | トップページ | blog search »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517/153829

この記事へのトラックバック一覧です: ウェブログの書籍化は増えるか?:

» ウェブログの書籍化 [den_en relax !]
Stellaさんのblogで「ウェブログの書籍化は増えるか?」をいう記事を見た 紹介されてたのはバクダッドに暮らすサラーム・バックスという青年のblogを書籍に... [続きを読む]

受信: 2004.01.31 23:53

« 一度書いた記事を書き直すか否か | トップページ | blog search »