« Windows用RSSリーダー紹介第3回:プラグイン | トップページ | 田中宇の国際情勢ウェブログ »

「リンク元」に自分のページへのリンクがないこともある

自分のページにアクセス解析をつけている人は多いと思います。私もその一人です。
解析結果を見ていて、「リンク元(referer)」となっているページを訪問しても、ときどき自分のページへのリンクがないことがあります。
その場合、3つ理由があります。

ブラウザのバグ
ある動作をすると同時に開いている別のページをリンク元として送信してしまうバグがあるブラウザがあります。少なくともWindows版Internet Explorer 4.0, 4.01, 5.0, 5.01で発生し、5.5では発生しないようです。他のブラウザにも同様のバグがあるという話も聞きますが、確認していません。
一部セキュリティソフト
インターネットセキュリティソフトには、リンク元を隠す機能を持つものがあります。普通は「blocked(ソフト名)」のような「リンク元」表示になりますが、中にはあるURLを出すものがあります(最近のバージョンはやっていません)。
リンク元改竄ソフト
世の中にはリンク元を改竄するソフトウェアがあります。単なるいたずらの場合もありますが、アクセス解析からの訪問目当ての者がいます。そういう宣伝目的は referer spam(リンク元スパム)と呼ばれています。ありがちなページのことがほとんどですが、中にはスパイソフトをインストールさせようとするところもあるので要注意。

ブラウザのバグの場合はある程度仕方がないですし、「一部セキュリティソフト」はもうやめてしまったからいいんですが、ここのところ referer spam の流行の兆しが見られます。

|

« Windows用RSSリーダー紹介第3回:プラグイン | トップページ | 田中宇の国際情勢ウェブログ »

コメント

85へぇくらいかな(笑)
勉強になりました。
( v^-゚)Thanks♪

投稿: かんち | 2003.12.22 13:59

85へぇくらいかな(笑)
勉強になりました。
( v^-゚)Thanks♪

投稿: かんち | 2003.12.22 13:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517/41264

この記事へのトラックバック一覧です: 「リンク元」に自分のページへのリンクがないこともある:

« Windows用RSSリーダー紹介第3回:プラグイン | トップページ | 田中宇の国際情勢ウェブログ »