« 同じような記事 | トップページ | ご長寿ブログを探せ »

ディープリンクは著作権侵害か

ARTIFACT -人工事実-topicsで、【波多野blog】 No.14 「ビジネス著作権法って?なに?」が紹介されていました。そこによると、ビジネス著作権検定 初級対策テキストでは、トップページではなく個別ページに直接リンクを張る行為(ディープリンク)は著作権法で認められている同一性保持権の侵害にあたる可能性があるのだそうです。

フレームを使って、あたかも自サイトの記事のように見せる「フレーム内リンク」を指しているのでしょうけど、フレームを使って作られているサイトでフレームを崩す形のリンクをした場合も含まれるのかもしれません。

ディープリンクについては、新聞社がニュースサイトに警告メールを送ってひとさわぎあったことがあります。少なくとも公共性の高いニュース記事は自由にリンクできるといいんですけど、許しているマスコミが少ないのも現実。

|

« 同じような記事 | トップページ | ご長寿ブログを探せ »

コメント

原典に当たってみないと、どういう事例を想定しているのか不明ですが、レイアウトデザインも表現として著作権保護されるはずで、ディープリンクすると、そのレイアウトを改変することになり、著作権の侵害である、という主張をしているところはあるようですね。

主張するのは勝手です。誰も主張を止めることは出来ません。
でも、それって、裁判で確定したモノなんでしょうか?(笑

「知恵蔵」の裁判では、レイアウト/フォーマットには著作権性を認めていません。よほど、創作性があり、全体として不可分な観賞性を持ったモノでない限りはWEBデザインも同等でしょう。

ディープリンクした先が、例えば、全体として一枚の絵を成すモノの一部分だったりしたら、それは問題になる可能性があると思いますが・・・

でも、誰もそんなところにディープリンクする価値があるとは思わないですよねぇ(笑

逆に、あたかも自分のサイトの一部であるような表示する行為は、適正な引用には当たらず、著作人格権の侵害に当たる恐れがあります。これと区別が付いていない可能性もありますね。

なお、著作権に引っかからなくとも、名誉毀損とか営業妨害とか不正競争防止とか、別の法律に引っかかることはあります。

まあ、「ビジネス」ですから、裁判というのは、それを商売のネタにしていない限りは、基本的に無駄なコストになりますから、避けた方が良い、ということはアリなんではないかと思います。

投稿: Tiger | 2003.12.18 15:14

うわ・・確認しないで送信したら改行がなくなってしまいました。読みにくくて済みません(泣

投稿: Tiger | 2003.12.18 15:16

コメントの設定で「改行を反映」になっていませんでした(汗)
こちらで修正しました。
ディープリンク関係の裁判の判決は出ていたような記憶がありますので、ちょっと調べてみます。

それにしても、企業は主張ばかりしてフェアユースの権利を認めてくれないことが目立って困る。

投稿: Stella | 2003.12.18 15:38

御手数お掛けしてしまいました m(_ _)m
読みやすくなりました (^^;

ディープリンクについての裁判で見かけた覚えがあるのは「ドイツ」のものだったような。日本ではあるのかな?

レンタルサーバを借りているところで、ディープリンクされると、広告が出なくなってしまい怒られるのでやめてください、ってところを見かけたことがありますが、こういうところは、おお、そうかって思ってしまいます。

逆に、新聞社などが記事のURLをガンガン変えて、ディープリンクを嫌っているのを見ると、自分で自分の価値を貶めているように感じてしまいます。

そのくらいなら、初めからオープンにするなって思うんですが(笑

投稿: Tiger | 2003.12.18 15:58

調べてみましたら、ディープリンク訴訟はドイツとデンマークのもので、日本ではありませんでした。トータルニュースの訴訟は朝日新聞が原告に加わっていますが、アメリカでしたし。
誤解したのは読売新聞がティッカー配信会社を相手に訴訟している件で、実際の争点は「見出しに著作権が認められるかどうか」でした。

投稿: Stella | 2003.12.18 16:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517/33594

この記事へのトラックバック一覧です: ディープリンクは著作権侵害か:

« 同じような記事 | トップページ | ご長寿ブログを探せ »